現状回復が必要なら知っておきたい情報|綺麗に直す

作業者

敷金が戻ってくる

男の人

全てを完璧に現状復帰させなくては行けないわけではありません。経年劣化や消耗品は現状復帰させなくても大丈夫です。現状復帰を要求された場合も事前に業者に頼むと敷金が戻ってくることもあります。

詳細を確認する

正確な査定を出してくれる

空き部屋

建物をレンタルで利用するオフィスや店舗は多くありますが、撤去する場合室内に設えた内装や設備を取り除かなければなりません。原状復帰を行なう会社に依頼すれば、素早い工事によって全て取り除きます。前もって現地での現状復帰による査定も行なってくれるので利用しましょう。

詳細を確認する

敷金との関係

男女

賃貸オフィスや住宅については使った後は現状回復などをするべきです。そんな建築物や室外工事に関することは設備についてそれぞれのプロがいるので、そういったプロに任せて質の良い工事にしましょう。

詳細を確認する

安い業者を選ぶ

ワーカー

現状回復をするにはプロの業者に任せなければなりません。事務所にパテーションなどを設置したのが例え入居者であっても不具合が出ないように元に戻すことは大変なことです。現状回復のプロに任せることで、オーナーに顔向けできる退去が可能になります。費用をできるだけ抑えて引越しをするのは大変ですが、この時現状回復の工事の費用を不用意に削ってしまうと後からトラブルを招きかねません。業者ではできるだけ現状回復の費用を抑えられるように工夫をしてくれていますので、心配なら費用の相談をしておくと良いでしょう。費用に関しては人件費や資材費などいろいろかかってきますが、この内訳を明朗にしてくれる業者が頼りになるといえます。

業者はオーナーが独自で業者を決めている場合がありますが、そうなると業者を選ぶことはできません。しかし話合いの余地があるならできるだけ自社で現状回復業者を把握していくと良いです。そうすれば費用を安く設定してくれている業者を選ぶことができるので、工事費の節約にもなってきます。これは個別の事案に対応するためには必要なことです。飲食店は厨房機器を導入して内装もかなり手を加えていることが多いですが、事務所ではあまり内装を変えるということはありません。そのため、個別でかかる費用もかなり違ってくるのです。事務所や飲食店の現状回復工事を得意としている業者はそれぞれあるので、複数の業者に見積りをとって貰えば一番安い業者を選ぶことができます。