敷金との関係|現状回復が必要なら知っておきたい情報|綺麗に直す

現状回復が必要なら知っておきたい情報|綺麗に直す

工具

敷金との関係

男女

現状回復義務とは何か

賃貸住宅やオフィスを借りる時に重要事項説明書という紙を渡されて、そこの中に現状回復に関することが書かれています。この現状回復は賃借人は賃貸物件を返す時には借りた時の状態に戻さなければならないというものです。もし、借りた時の状態に戻せないときは、敷金の額から現状回復に充てられるため、敷金の返還が減ってしまいます。賃貸物件のトラブルで一番多いのは現状回復による敷金の返還についてであり、過去には何度か訴訟にまで発展したものがあるのです。では、現状回復の義務があるとした場合その範囲はどこまででしょうか。まず、すべてを元に戻さなくても構わないということが大前提です。例えば、長年冷蔵庫が置いてある壁の後ろは黒くなります。会社にせよ自宅にせよ、冷蔵庫を長年同じ場所においてある場合は注意しましょう。

敷金が戻ってこない時の対処法

あるいは、フローリングの上を何年間も歩き続ければ、当然色あせたり傷がつきます。ですが、これらのように通常の使用によって劣化してしまった部分の修復を賃借人がしなければならないとすれば、敷金が返ってくるはずがありません。黒くなった壁紙や通常の使用で傷が付いたところを修復するのはむしろ建物所有者の義務なのです。 建物所有者の中には悪質な者がいて、すべてを敷金から支払い、敷金はほとんど返ってこなかったという事例が結構あります。この場合には、その修理の明細を出してもらい、退去前に写真を撮って対抗できるようにしましょう。 また、どうしても埒があかないときには消費者センターに連絡を入れたり、インターネットなどに書き込みをすることで次の被害者を減らすことができます。住宅やオフィスにはエレベーターや階段などいろんな機能がついていますが、この安全を保つために点検などをすることは必須になってきます。