敷金が戻ってくる|現状回復が必要なら知っておきたい情報|綺麗に直す

現状回復が必要なら知っておきたい情報|綺麗に直す

工具

敷金が戻ってくる

男の人

一体どんな部分を復帰させなくてはいけないのかというと、経年劣化や普通に使っていた際の消耗以外の、故意や過失による大きな損傷などがその対象に当たります。つまり、普通に退去しようとした際に原状復帰してからにしてくださいと言われても、特に目立つような大きな損傷などがなければ、基本的にする必要はないと言えます。もしも現状復帰が必要になりそうだと判断できた場合、もしくは伝えられた場合、事前に自分で業者に頼み必要なところまで工事で現状復帰させてもらっておけば、敷金が返ってくる可能性があります。というのも、敷金はオーナー側で修繕が必要と感じた部分の修繕費に充てられますから、修繕が必要な個所を最初からなくしておけばオーナー側で修繕する必要がなく、返ってくるケースが多いのです。もちろん、返ってくると言っても結局自分で工事をしてもらうのであればその費用がかかってしまうのだから意味が無い様に思えるかもしれません。ですが、間にオーナーを挟むと工事業者がこちらで指定できず、費用が高い業者にお願いしなくてはならなくなってしまったりすることがあります。どこも必ずそうなるというわけではありませんが、そういうところもあったりしますし、またそういうことは直前にならないとわからない事の方が多いです。工事だけを専門的にしてくれる業者もあれば、その一方で工事が必要かどうかから見極めてくれるサービスもあったりするので、まずはその道のプロに相談してみるところから始めておくと良いかもしれません。